就職お役立ち CampusNaviが就職情報をお届けします 就活を終えた先輩から、就活中の後輩へ。リアルな体験にもとづくホットなメッセージ&アドバイスをお届けします。

布施 健

プロフィール

  • 布施 健
  • 大学:慶應義塾大学
  • 学部:商学部
  • 学年:4年
  • 就職先業種:総合PR会社
  • 希望の職種:営業

タイトル 数打ちゃ分かる

こんにちは!
最初に、1番の面接対策は数をこなす以外にないと僕は考えています。けど、ただ数をこなすのではなく、1回1回反省点をノートなどに書き留めて、しっかり反省して同じ失敗をしないことが大事だと思います。

『面接は、コミュニケーションの交換の場なので100%正解の回答はないし、面接官との相性が大きい面があり、内定へのアプローチも十人十色と…』礼儀正しくするとか、人の話をしっかり聞くとか、人間的に基本的な面でしか対策といえる対策というのはないと思います。

天才的な学生なら瞬時に面接官の求めている学生像を察知して、その人物像になりきることができると思いますが、そういう人はごく一部だと思います。
ほとんどの場合、面接でしっかり自分の個性を発揮して、その人物像が会社の求める人材に合致した時に、内定をもらえるものだと思います。なので、面接の経験値をしっかりあげて、自分の発言に自信が持てるようになってくるまでは、色んな企業の面接を受けてみることをお勧めします。

最後に、しんどいかもしれないけど面接の経験値を上げるためにも、この時期ふんばってエントリーシートをたくさん出せるように頑張ってください。

面接の対策になるかは、わかんないけどテクニック的に使えそうなことを思い出したらブログの方で、紹介したいと思うんで、見て使えそうだったら使ってみてください。
よろしく!

島野 貴之

プロフィール

  • 島野 貴之
  • 大学:早稲田大学
  • 学部:第二文学部
  • 学年:4年
  • 就職先業種:広告関係
  • 希望の職種:特になし

面接は減点法

さぁ、就活で最も肝となる面接選考の話。
大切なことをお教えしたいと思う。
面接は点数稼ぎではない。
よく、面接で目立とうとしたり、美学のみを語って満足する人がいます。
しかし、それは逆効果。
相手は一緒に仕事をしたいと思える人材を探しているのです。
あなたはどんな友人が欲しいですか?
僕だったら、自慢話ばかりする友達よりも、長く付き合っていくなかで楽しみがありそうな空気感を持った仲間を選びます。
面接もそんな人選びだと思います。
では、どういった心持ちで挑むべきか。
キーワードは減点法です。
面接はみんな100点から始まります。
挨拶で、志望動機で、質疑応答で…しっかりと最後まで終えた時点でより多くの点数を残した人が面接通過です。
しかし、これだけでは内定を勝ち取ることはできません。
一転、加点方式に切り替えて攻勢にでなければならないときもあります。
例年の採用実績を見て、大幅に通過者が絞られる面接では注意しましょう。
僕は、ここぞとばかりに専門学校や大学時代に作った作品を志望動機などに盛り込んで話しました。 (ただし、あくまで手短にね。) いわゆる「強み」のアピールですよね。
聞かれたことにしっかり答えるだけでなく自ら進んで主張する一面もあることを知らせるのです。
中身は伝わらなくてもきっと印象は伝わるはずです。
面接は、さまざまなパターンがあってそれによってケースは様々です。(具体例はブログ本編で…)
しかし、それに何よりも対応するのは肩の力を抜き余裕あるニュートラルな皆さんの態度です
目立とうとしすぎてはいけません。
自分に当てはまる最も素直な言葉でわかりやすく。
そうすれば減点0で通過です!頑張って!

貞包 絵里奈

プロフィール

  • 貞包 絵里奈
  • 大学:東京女子大学
  • 学部:現代文化学部 コミュニケーション学科
  • 学年:4年
  • 就職先業種:モバイル業界
  • 希望の職種:総合職

リラックスして普段の自分をだすこと

こんにちは。
今回のテーマは面接対策。ESが通過した後、手を抜くことができないのが面接対策。
苦手と感じている人も多いのではないでしょうか。
何度も何度も面接を繰り返す企業が多いですよね。
個人的に、私はESよりもはるかに楽だと思いました。もともと人と話すことは嫌いでないので、リラックスして望めたと思います。

一番大切なことは、適度な緊張感は必要ですが、リラックスして普段の自分をだすこと。
ガチガチに緊張してしまっては、通るものも通らなくなってしまいます。
笑顔で
表情豊かに
はっきりと大きな声で
背筋をのばして
と、本当に基本的なことを気をつければいいと思います。
相手に新卒らしい新鮮で清潔感のある、感じのいい人と思ってもらえるように。
もちろん言葉遣いも気をつけなければいけませんが、あまりに丁寧すぎる敬語は不自然にとられてしまうこともあるそうです。

ESが通ったということは、ある程度の志望動機や自分のアピールするところは決まっていると思います。
面接の前に、提出したESをよく確認し、自分の軸をはっきりとさせておくといいです。
軸がぶれずに、自分の考えがはっきりとしていれば、どんな質問にも答えられるはずです!
受けた会社についてあらかじめ研究しておくことももちろんです!

ちなみに私は、
面接の直前はリラックスできるように、ほかの就活生と会話をしてみたりもしていました。

山下 真代

プロフィール

  • 山下 真代
  • 大学:専修大学
  • 学部:法学部法律学科
  • 学年:4年
  • 就職先業種:通信関係
  • 希望の職種:特になし

素の自分を伝えることが大切

面接で大切なこと…それは、『力まず素の自分をアピールすること』

自分の将来がかかっていることもあり面接って、とても緊張しますし、ついつい自分を良く見せたくなっちゃうかと思います。
私自身も、緊張のあまり人事の方によく「もっとリラックスして大丈夫だから」とつっこまれました。
そんな私が面接を通して思ったことが、あります。

『人事の方(面接官)は人をみるプロである』

たくさんの就職活動生をみている人事の方にとって、私達が少しでも自分を作ったアピールをするとわかってしまうそうです。
この面接で作った自分を見せても後々、その会社へ入るとなった時『??』が生まれてしまうだけなのでは…。

まずは、本当の素の自分を伝えることが大切だと思います。
これは、先輩や友達の多くが、「素の自分を見せることの出来た会社の面接の方が、内定を貰えた気がする」と言っていました。 確かに、私もその意見に同感です。そして、本当に自分を認めてもらえた会社の方が将来の自分の姿を描くことができるような気がします。 恋でも友人関係でもそうですよね、作った自分のままだと疲れてしまいますよね。やっぱり長く続く関係は、本当に自分を見せられる環境で生活することだと思います。

面接では…ほどよい緊張と素直な意見をもって面接官に自分をアピールしてみてくださいね。

新卒者対象 就職セミナー!
「見るだけ」「聞くだけ」じゃない、少人数制の体感型“リアル”セミナー
『就活準備』『筆記対策』『面接対策』など多彩なコンテンツで開催中!

PR