就職お役立ち CampusNaviが就職情報をお届けします 就活を終えた先輩から、就活中の後輩へ。リアルな体験にもとづくホットなメッセージ&アドバイスをお届けします。

布施 健

プロフィール

  • 布施 健
  • 大学:慶應義塾大学
  • 学部:商学部
  • 学年:4年
  • 就職先業種:総合PR会社
  • 希望の職種:営業

「なんとなく」をなくす業界研究

業界研究は、志望動機に深みを持たせる意味で
めちゃめちゃ大事だと思います。
ってゆーのも色んな業界の研究がしっかりできてる人は、

「他の業界と比べてなんでこの業界でなきゃいけないのか?」
「この業界の中でもなんでこの会社でなきゃいけないのか?」

この手の質問に説得力がめちゃめちゃあります!
ってかこの質問に説得力があれば
志望動機としては満点だと思います。

なのでより良い志望動機を作り出すためにも、業界研究は
欠かせないです!

まずは、第1ステップ!
本屋に急いで、業界研究関連の本を1冊読むことを
お勧めします。それで、まったく興味のない業界も、
とりあえず読んで、どういう仕事なのか知ることが大切だと思います。

そーしたら、「興味が出てくる可能性もあるし、なんでこの業界に興味が
ないのか、わかった上で説明できるようにもなるし、業界全体を俯瞰できる
視野も備わってくる」ので、本当良いことずくめ!
さらに、このようなことは、特に面接で力になります。

それから、第2ステップ!
興味のある業界の内定者、社員にひたすら会うことです。
本だけでは、分からないことも色々聞き出せると思います。
そうすることで、どんどん周りの人と差が出る志望動機になると思います。

まだまだ志望の動機で「なんとなく」の要素が誰しもあると思うけど、
この2つのステップでその「なんとなく」をなくしちゃってください!

島野 貴之

プロフィール

  • 島野 貴之
  • 大学:早稲田大学
  • 学部:第二文学部
  • 学年:4年
  • 就職先業種:広告関係
  • 希望の職種:特になし

本音で行きたい会社を探す

自分のやりたい仕事ってどうやって見つけたらいいのだろう。
自己分析の結果を踏まえ、どんな会社に勤めたいのか突き詰めていけば、きっと見つかるのではないかと思います。

・何を武器に社会貢献する?
1、物を作る事への情熱を武器に社会貢献するか。
2、人との対話力を武器に社会貢献するか。

・何を売る?
1、モノを売る
2、アイデアを売る

・労働時間は?
1、 定時に終わるけど厳しく管理されている。
2、 自己管理できるけど不規則。

・給料は?
1、社会情勢に左右されるが当たれば大きい。
2、安定しているがあまり昇給しない。

・将来は?
1、一生同じ会社で働きたい。
2、仕事をしながら天職を見つけたい。

・社風は?
1、未熟だけど若いうちからバリバリ出来る会社
2、老舗企業だが年功序列が色濃く残る会社

・知名度は?
1、大きくて知名度が高く、マスコミに叩かれやすい会社。
2、小さくて知名度も低いが、マスコミに叩かれにくい会社。

優先順位は自分次第だし、ほんの一部です。でもこれらの項目を踏まえて少しでも興味を持った会社の説明会に参加をしたりOB訪問をする。もしくは自分で選択肢を選んで、全て自分と一致する会社の人に会うまで探し続ける。地道ですが。

私は就職活動する前からマスコミを志望していました。ところがもっと自分が興味を持てる業界があるかもしれない。メーカーやアパレル、旅行業界やブライダルなどにも興味を向けました。興味を向けた結果、もちろん違うと感じた業界もあるし、幅が広いメーカーなどにもいくつかエントリーを試みました。

でも、やっぱり本音ではないところがある。紙の上で偽りの自分を演じている。様々な業界を見た上で改めて元々志望していた業界を目指す意志が固まりました。
あなたは行きたい業界に迷っていますか?それとも既に決まってますか?

貞包 絵里奈

プロフィール

  • 貞包 絵里奈
  • 大学:東京女子大学
  • 学部:現代文化学部 コミュニケーション学科
  • 学年:4年
  • 就職先業種:モバイル業界
  • 希望の職種:総合職

「世間の目に惑わされない」

私が一番苦労したのが、自分の本当に行きたい業界・企業を見つけることです。
ずいぶん遠回りをしました。

はじめはマスコミに興味を持ち、
けれどそれは憧れで…
なんとなく大企業がいいとか○○業界がいいとか。

けれど、遠回りをしてもよいのだと思います。
悩んで迷って
たくさんの企業をみてきたからこそ
最後に自分の本当に行きたい企業を見つけることが出来ました。

業界研究・企業選びには2パターンの人がいると思います。
・絶対に行きたい業界・企業が決まっている人
・まだ見つかっていない人

私は、どちらのパターンの人も、
より多くの、様々な業界をみてみるべきだと思います。
実際説明会や選考中に、新たな発見があることもたくさんありました。
いろいろな本を読んでもいいですが
行動することも大切!!

私はそこまで興味がない業界も1つだけ企業の説明会や選考に参加することによって
自分が興味を持っていることや譲れない条件などが明確になったりもしました。

とにかく行動!!
就活中に沢山の業界や企業を実際にみてみることは意外と楽しいですよ♪

他人の目や世間体に惑わされずに
自分を信じてください!

山下 真代

プロフィール

  • 山下 真代
  • 大学:専修大学
  • 学部:法学部法律学科
  • 学年:4年
  • 就職先業種:通信関係
  • 希望の職種:特になし

多くの業界・企業を見ることが"縁ある企業"に巡り合うための一歩!

たくさんある『業種』から自分の将来の勤め先を決めなければならない。
そして、その『業種』からまた、自分に合った『企業』を選ばなければならない。
本当に悩み、考える時期なのではないでしょうか!?
私自身も去年の今頃、たくさん悩みました。そして、振り返って思う事があります。それは、
『多くの業界・企業に目を向けること!!』
たくさんの企業の内側を見られるのも今(就職活動中)しか出来ない経験だと思います。
日本経済社会を色々な方向から覗くことが出来るこのチャンスを活かさなければいけません。
1つの業界にこだわるのではなくたくさんの業界に目を向けてみてください。
まずは、業界・企業の情報を得るためにセミナー参加やOB訪問等、積極的に動いてみてください。そして、たくさんの人と出会ってください。
この時期は、たくさんの人と出会うことで自分自身が成長出来る、とても重要な時期になると思います。
就職活動応援ホームページや学校に貼られているセミナー参加案内のポスターを見たり、学校の就職課を覗いてみるのもいいかもしれません。
自分の目で見て、耳で聞いた【業界・企業】の内側を知る中で、自分に合った"縁ある企業"がみつかるはずです。

新卒者対象 就職セミナー!
「見るだけ」「聞くだけ」じゃない、少人数制の体感型“リアル”セミナー
『就活準備』『筆記対策』『面接対策』など多彩なコンテンツで開催中!

PR